家庭教師のアルファ 宮城県仙台市の家庭教師
家庭教師の資料請求・お問い合わせ
家庭教師のアルファ ホームページ 家庭教師のアルファ サイトマップ 家庭教師のアルファ プライバシーポリシー
家庭教師のアルファの教育理念家庭教師の料金(仙台)家庭教師の無料体験家庭教師の資料請求家庭教師についてのお問い合せ
  家庭教師のアルファ(仙台)>高校受験情報:受験に備えて
宮城県 受験情報


宮城県の公立高校入試は、学校独自の面接や中学校長の調査書(内申書)等から選抜する 「推薦入試」 と、調査書(内申書)と5教科の学力検査の結果を総合的に判断して選抜する 「一般入試」 の2回に分けて行われます。
推薦入試 ・ 一般入試の両方に3%枠(自分の学区とは違う学区の普通科に出願することができるしくみ)がありますが、募集人員はわずかで合格者が必ずしも3%出るとは限らず、3%枠が1人の場合は、推薦入試に設定されてしまいます。学区以外の高校を受験する場合は、事前に3%枠の人数を必ず把握しておくことが大切です。また、志津川では連携型入試を実施しています。

点1 内申点について
点1 一般入試・推薦入試について
点1 数学・英語選択制度について
点1 連携型入試について



  宮城県高校一覧       入試教科別傾向と対策



内申点について
宮城県における内申点とは、中学校1学年から3学年までの3年間、9教科全ての5段
階評定を合計した得点のことです。
5教科を5段階で評定し、実技4教科は5段階の評定を2倍したものを加えた合計となります。各学年の内申点は75点満点で、3学年の合計は195点満点。

(1)調査書(内申書)の評価は中学校1学年から3学年の成績。(絶対評価)
(2)1学年から3学年の成績を、9教科5段階に評定する。
(3)実技4教科については2倍する。
        ↓
5教科 × 5段階 × 3学年 = 75点
4教科 × 5段階 × 2倍 × 3学年 = 120点
75点 + 120点 = 195点満点

内申点は入試の合否判定で最も重要になるので、早めの対策が必要になります。
ちなみに、宮城県の合否判定は相関型です。

相関型合否判定とは・・・

内申点と学力検査点(5教科500点満点)の総点をそれぞれ10段階に区分し、右図のような相関図表を用いて第1次選抜と第2次選抜で合格者を決定する判定方法です。内申点と学力検査点の比重はほぼ同等です。
第一次選考では、相関図表をもとに募集定員の80%を選抜します。
第二次選考では、上記以外の40%以内の人員を対象に、さらに細分化した相関図表を作成するなどし、残りの募集定員を選抜します。
相関表



一般入試・推薦入試について

一般入試
調査書(内申書)と5教科の学力検査の結果を総合的に判断して合否が決まります。 5教科各100点、それぞれ50分の試験時間で実施されます。 ただし、一部の高校によっては、学力検査で1~2教科を1.5倍または2倍とする傾斜配点を実施している高校もあります。

<一般入試志願競争率>
  2001 2002 2003 2004 2005 2006
 仙台北学区
1.61
1.56
1.62
1.57
1.60
1.57
仙台南学区
1.47
1.56
1.53
1.54
1.45
1.51
黒川学区
1.40
1.50
1.44
1.62
1.30
1.13
塩釜学区
1.57
1.49
1.51
1.50
1.56
1.53
亘理名取学区
1.84
1.74
1.62
1.62
1.53
1.38

2006年度入試では、泉高等学校(英語)の1.96倍や仙台商業高等学校(商)1.92倍、宮城広瀬高等学校1.89倍などの高倍率が見られる一方、定員割れを起こしているケースも見られました。


<傾斜配点実施校>
高等学校
教科
仙台東(英語)
富谷(国際コース)
英語を2倍
富谷(理数コース) 数学を2倍
富谷(人文コース) 国語を2倍
仙台向山(理数)
仙台第三(理数)
古川(普通)
数学・英語を各1.5倍
古川黎明(普通) 英語を1.5倍



推薦入試
宮城県全ての高校・学科で実施されています。
各高校で調査書(内申書)、推薦書類をもとに、学校によっては面接・実技・作文など結果も合わせて合否を判断します。

高等学校学科
募集人数
普通科 募集定員の30%以内
普通科(専門コース)
専門学科
総合学科
募集定員の40%以内
体育・美術系の学科 募集定員の60%以内

推薦選抜の対策としては、内申対策はもちろん、 小論文や作文の対策も必要になります。自分の受験する高校がどのような人物像を求めているのか、そしてどのような試験を行っているのかをしっかり調べてから、面接・実技・作文の練習を行うとよいでしょう。
推薦不合格の場合には、「一般入試」に再出願することができます。


数学・英語選択制度について

平成16年度より導入された制度で、数学と英語の2教科が対象。
大問一つを選択問題とし、各高校が事前に問題内容を分析した上で選択します。基礎的学力や知識に比重を置いたA問題と、思考力や表現力の評価に比重を置いたB問題の2種類を高校に選択させることで、生徒の学力や能力を把握し、適切な合否判断をするのが狙いで、試験時間はこれまでと同じ50分で各高校がどちらの問題を選んだかは事前に公表していません。



連携型入試について

平成17年度入試より導入された制度で、連携高等学校(宮城県志津川高等学校)は、連携中学校(南三陸町立志津川中学校、南三陸町立入谷中学校、南三陸町立戸倉中学校、南三陸町立歌津中学校)からの志願者を対象とした入試を実施しています。

連携型入試図表

連携高等学校が実施する連携入試による入学者の割合は、普通科では募集定員の80%以内、情報ビジネス科では募集定員の60%以内を調査書(内申書)・作文・面接をも
とに選抜します。